乳酸菌は口臭に効果あり?乳酸菌で比較する口臭サプリの選び方とは

 

ヨーグルトや発酵食品に多く含まれているイメージが強い乳酸菌ですが、そもそも乳酸菌とは何なのか?

 

あまりよくわかっていないという方も多いのではないでしょうか?

 

簡単に言うと、乳酸菌は栄養分を分解して乳酸を作る菌の総称です。

 

乳酸菌は生きたまま腸まで届かなければ働かないと思われがちですが、最近では乳酸菌自体が持つ成分や乳酸菌が作り出した物質にも体に良い働きがたくさんあるということが見つかっています。

 

乳酸菌の効果は

  • 整腸効果
  • アレルギー抑制作用
  • インフルエンザ予防効果
  • 美肌効果
  • 脂肪燃焼効果

 

など、多岐にわたりますが、こちらでは、乳酸菌が口臭予防に効果があるのか?について具体的にご紹介していきたいと思います。

 

それではまいりましょう!

乳酸菌が口臭に効果的な理由は主に2つ!

  1. 口臭が起こる大きな原因である虫歯や歯周病になりにくい口内環境を作る
  2. 腸内環境を整え、お腹の中から発生する悪臭を防ぐ

乳酸菌が口内環境を整える効果がある?

腸内には善玉菌や悪玉菌が存在するということは今では誰もが知っていることですが、実はお口の中にも約100億の細菌がいて、乳酸菌のような善玉菌もいれば悪玉菌もおり、その菌バランスはストレスや加齢、生活習慣などによって日々変化しています。

 

悪玉菌を代表する口内細菌が「ジンジバリス菌」で歯周病を引き起こす菌です。「ジンジバリス菌」は糖やタンパクなどをエサに増殖し、やがて歯肉などの組織を壊して炎症を起します。

 

炎症で出血すると、その血液を栄養にしてさらに増えます。

 

他にも口内の悪玉菌で有名なのがミュータンス菌です。ミュータンス菌は虫歯の原因となる菌ですね。こういった口内の悪玉菌が増殖する際に放つガスが口臭の元となります。

 

そして、これらの歯周病菌、虫歯菌の抑制を可能にするのが乳酸菌なのです。

 

腸内と同じように、口内も善玉菌が優勢な環境にすることが口臭予防に効果的です。

 

口内環境改善に効果が立証されている乳酸菌
ロイテリ菌 ヒト由来の乳酸菌。虫歯の原因菌であるニュータンス菌を減らす効果が立証されている。
L8020乳酸菌 広島大学の二川浩樹教授が発見したヒト由来の乳酸菌。虫歯菌、歯周病菌の増殖抑制効果が立証されている。
TI2711 歯周病菌(ジンジバリス菌)への殺菌効果が立証されている。
WB21 口内の虫歯菌・歯周病菌・ガンジダ菌の増殖を抑制する。

乳酸菌が腸内環境を整え臭いの元にアプローチ

口臭が起こる原因は、口内によるものだけではありません。

 

腸内環境が悪化し、悪玉菌が増えるとニオイ物質を発生させます。

 

そのニオイ物質が腸の壁を通って血管に吸収され全身にまわります。やがてそのニオイ物質が肺にまで届くと呼気として口臭になるのです。

 

便秘がちな人は口からウンコの臭いがするというのを聞いたり、実際に感じたことがあるという方もいるのではないでしょうか?

 

腸内環境を善玉菌優位にし、悪玉菌の増殖を防ぐことで体の中から臭いを発生させないようにしましょう。

 

ただ、乳酸菌は定着性がないため、常に補給し続けることが大切になってきます。

 

乳酸菌摂取における注意点

口臭サプリを始め乳酸菌を摂取する際の注意点としては、菌が胃酸によって打撃を受ける事もあるのでできれば何かを食べた後の胃酸が薄まっている状態で摂取されると良いでしょう。

 

また、乳酸菌は熱に弱いため高温のお湯や飲み物と一緒に服用しない事や病原菌を始め色々な菌を撃退する効果がある抗生物質と一緒に飲まない事が大事です。

口臭予防に効果的な乳酸菌入り口臭サプリ

こちらでは口内環境改善に効果が立証されている乳酸菌(ロイテリ菌、L8020乳酸菌、TI2711、WB21)が配合されている歯磨き後に使える乳酸菌タブレットをご紹介したいと思います。

 

オーラルヘルスタブレット ロイテリ お口のサプリ

1gに3億個の生きた乳酸菌TI2711を凝縮!
90粒/1ヶ月

1日一粒舐めるだけでロイテリ菌が定着しやすくなります!

おくちの乳酸菌習慣タブレット アバンビーズ オーラルタブレット

学校歯科保健用品推奨
L8020乳酸菌使用!
歯磨き嫌いなお子さんにも!

WB21乳酸菌と高活性茶カテキンのWパワーで口内環境をすこやかに!

 

また、上記はおもに口内環境改善を目的とした乳酸菌タブレットですが、口内だけでなく、体の内側からも口臭をケアをしていきたい方は口臭サプリランキングでご紹介している口臭サプリをご覧ください!