舌に付着する苔状のカスを綺麗にして口臭を予防しよう

口臭サプリランキング

普段自分の口の中をしっかりと見る機会は少ないものです。

 

しかし、何気なく舌を見てみたら表面に白い苔のような汚れが付着していることがあります。思いもよらない汚れを発見して驚く人もいるかもしれませんが、これは舌苔(ぜったい)と呼ばれるものです。

 

舌苔の正体は食べ物のカスや細菌、粘膜細胞などで、硫化水素を生成するため口臭の原因となります。

 

そのため、口臭の元となる食べ物を食べないようにしていたり、こまめに歯磨きをしていたりと口臭ケアは念入りに行っているものの、それでも口臭が気になる場合、自分の口の中をチェックしてみると良いかもしれません。

 

表面が白っぽく汚れている場合、もしかしたらそれが口臭の原因である可能性があります。

 

しかし、口臭がある人全ての口の中にこの汚れが付着しているわけではなく、健康な人の口の中にもある程度汚れは付着しています。この汚れが異常に多くなることで、口臭の原因となるのです。

舌苔はどうしてできる?

日頃から歯磨きをきっちりと行っていて、口の中を常に清潔に保っていれば問題はないのですが、もし歯磨きをサボるなどして口の中が不衛生な状態の場合、口の中に細菌が繁殖し、舌苔の原因となります。さらに、汚れが付着するだけでなく、この場合は歯磨きを行わないことが影響して、口臭がさらにきつくなることが考えられます。

 

また、唾液が減少することも原因の一つです。唾液は口の中を適度に潤したり、食べ物の飲み込みを助けたりと、人が生きていく上で必要不可欠な存在ですが、唾液はふとしたことが影響して減少することがあります。例えば加齢に伴うものや、慢性的なストレス、口呼吸などです。

 

加齢に伴うものは仕方がないですが、慢性的なストレスを感じていたり、日頃から口呼吸を行っている人は注意が必要です。さらに、アルコールを過剰に摂取することは口の中の乾燥に繋がり、唾液が減少することにも繋がります。

舌苔を取り除いて口臭予防!

汚れを取り除く際、ついつい歯ブラシでゴシゴシと擦ってしまいがちですが、実はこのやり方で汚れを取り除くと表面を傷つけてしまう可能性があります。

 

人によっては歯ブラシで磨いてもすぐに表面が白くなってしまうということがありますが、これは表面が傷つくためです。それに気が付かずに毎日のように歯ブラシで磨いていると、傷が化膿してしまいます。

 

正しい方法は、専用のブラシを使用することです。やりすぎは禁物ですが、一日一回行うことで効果的に汚れを除去して口臭を予防することができます。

 

また、専用のブラシを使用しない場合、はちみつを舐めることで口の中の汚れを除去する効果が期待できます。はちみつと聞いて意外に感じる人もいるかもしれませんが、はちみつは汚れの元であるたんぱく質を分解してくれるだけでなく、さらに口の中を殺菌してくれる効果が期待できるため、口臭予防効果にも最適です。

舌苔を作らないようにする方法とは

口臭サプリランキング

まず何より、口の中を清潔に保つことが大切です。

 

口の中を清潔に保つことによって細菌が繁殖することを予防し、さらに唾液の分泌量低下を予防することができます。

 

そのためには、食後には必ず歯磨きを行い、必要に応じてデンタルフロスなどを行うことが効果的です。特に起床時と就寝前に丁寧に歯磨きを行うことが大切です。

 

この2回さえしっかりと歯磨きを行えば昼の歯磨きはそれほど重視しなくても大丈夫ですが、できることなら行ったほうが良いです。もし歯磨きを行うことが難しい状況の場合は、ガムなどを噛むことで唾液の分泌が増え、口の中を清潔に保ってくれるためおすすめです。

 

さらに、食事はよく噛んで食べることが大切です。よく噛むことで唾液の分泌量が増えるだけでなく、汚れが剥がれ落ちる効果が期待できます。また、日頃から暴飲暴食は控えて規則正しい生活を送ることでストレスが軽減し、免疫力の低下を予防することができます。

 

また、舌苔以前に、体の中に臭いの原因を抱えている人もいます。

 

その場合は、口臭サプリなどで体質改善をするのをおすすめします。