簡単に自分の口臭をチェックする方法

口臭があると周りの人を不快な気持にさせているのではないかと気になります。自分で口臭を簡単にチェックできる方法もありますので、気になったらその都度試してみても良いかもしれません。

 

マスクをする

口臭サプリ

もっとも簡単なのはマスクをしてみることです。

 

マスクをするとその中に自分の息がこもりますので、臭いがあればすぐに分かります。軽度の口臭であっても把握することができますのでおすすめです。マスクがない場合、コップが一つあれば代用できます。

 

コップを口に当ててその中に息を吐き出して臭いをチェックしてみるだけで簡単に分かる方法です。

 

もっとも口臭が強くなるのは朝起きた時だともいわれていますので、朝起きて歯磨きもしていない状態で一度チェックしてみることをおすすめします。このタイミングで臭わなければ口臭のある可能性はかなり低くなりますので、安心しても大丈夫です。

 

鏡で舌をチェック

口臭サプリ

鏡を見ながら自分の舌をチェックする方法もあります。舌に何もできていなくてきれいな状態なら良いのですが、白や黄色のポツポツとしたものが見られる場合には舌苔と呼ばれる苔状のものがついています。

 

関連ページ⇒舌をきれいにして口臭予防

 

舌苔になるのは、細菌や食べかすが舌に付着するためです。

 

これが臭いの原因になりますので、黄色っぽくなっている人は気をつけなければなりません。

 

ただし、正常な状態でも白いものは多少ついていますので、それだけなら気にする必要はありません。実はこの舌苔はティッシュなどで拭き取ってみることができます。拭き取ったものを嗅いでみて強い臭いを感じるようであれば口臭の可能性が高くなります。

 

舌が全体的に黄色っぽくなっている場合には歯周病を患っていて臭いが発生しているケースもありますので、その場合は適切なケアが必要です。歯周病も口臭の大きな原因になります。

 

口臭チェッカーを利用する

チェッカーの測定する部分に自分の息を吹きかけて測定を行うのですが、機器によって多少の性能の差はあるようです。正確な値を知ることはできませんが、周囲を不快にするレベルかどうかくらいなら分かりますので、気になった時にチェックできるように口臭チェッカーを持ち歩くのも良いかもしれません。

 

持ち歩くことで臭いのきつい食べ物を食べた後や会社で一日仕事をしてそれから遊びに行く前など、口臭を確認したい時にその都度調べることができます。口臭チェッカーは自分でこっそりと調べることのできる方法ですので、誰にも知られずに確認したい時にもおすすめの方法です。

 

自分の唾液で確認する

口臭のある人は唾液にも強い臭いがあります。味にも変化があり、酸っぱく感じたり苦く感じたりしますので、いつもと違う味だと思うのなら臭いが発生しているかもしれません。なぜこのような味の違いが出るのかというと、口の中が中性に保たれていないからです。

 

歯垢や食べ物のカスが残っていると口内を中性に保つことができず、酸性に傾いてしまいます。酸性に傾くと特に酸っぱいと感じることが増えますので、自分でも把握できます。

 

唾液が臭い場合には、口が乾いていることも多いので、こまめに水分を取ることも対策になります。口が乾いてネバネバしていると臭いが発生する可能性がある状態だといえます。

 

デンタルフロスを嗅いでみる

口臭が口の中の汚れから起こっていることもかなり多いので、デンタルフロスをしてみて、その臭いを嗅ぐのも一つの方法です。歯と歯の間に詰まった食べカスや汚れを取り除いて、それが強い臭いを発している場合には口臭があります。

 

歯磨きをしっかりとしているつもりでも、歯と歯の間にはまだ食べカスが残っていることも少なくありません。それが時間の経過と共に強い臭いを発するようになりますので、歯磨きだけでなくデンタルフロスなどで間に詰まったものも綺麗にすることが大切です。

 

特に奥歯は歯磨きが上手く当てられなかったりして歯垢がたまりやすいので、念入りにデンタルフロスを行っておくと口臭の予防になります。

 

自分の手をなめて臭いを嗅ぐ

すぐにできるものとしては、自分の手を舐めてみてすぐに臭いを嗅いでみるという方法もあります。衛生面にも気をつけなければなりませんので、もちろん手を綺麗に洗った後に行います。舐めた手が臭うようであればかなりの口臭があると予想されます。直接口の臭いを確認したわけでもなく、手を舐めてそこから強い臭いを感じるようなケースでは、かなり酷いレベルであることは間違いありません。

 

ビニール袋を使ってチェック

ビニール袋を使ってチェックをする方法もあります。ビニール袋を口に当てて周りの空気が入らないようにしながらフーッと息を吐きます。一度ビニールから口を離して、それからビニール袋の中の臭いを嗅いでみます。

 

ビニール袋ならすぐに入手が可能ですし、出先で確認したければ持ち歩くのも簡単です。いつでもどこでもすぐにチェックを行える方法であり、マスクと同じようにかなりしっかりと把握できます。

 

歯茎の状態をチェック

歯茎に何らかの問題があると臭いの原因になります。また、虫歯を放置しているような人も口臭が強くなりますので、日頃からこまめに歯茎や歯の状態をチェックしておくと良いかもしれません。

 

歯周病になると誰でも強い臭いが出て、その臭いが気になって仕方がないという人も多いようです。自分でも気になるくらいですから、周囲の人をかなり不快な気持にさせているかもしれません。

 

口臭アプリを使う

口臭サプリ

最近ではスマートフォンで口臭をチェックすることができます。口臭チェックアプリを使うのですが、もちろん正確な状態を把握することはできません。しかし、口臭のリスクが高いかどうかは判別できますので、一度試してみるのも良いでしょう。

 

このように自分でも様々な方法で口臭を確認することができます。

 

どれもすぐに取り入れることのできる方法ですので、もしかしたら口臭があるかもしれないと悩んでいるのなら一度試してみることが大切です。それで臭いがあることが分かったら、きちんと歯科医院に行って正しい数値を計ってもらったり、臭いの原因を特定して有効な対処法を教えてもらうことが大切です。きちんとケアを行えば臭いは改善されます。