口が臭くなる食べ物

口臭サプリランキング

 

口臭の原因となる食べ物として、まず有名なものがにんにくやニラ、らっきょうなどです。

 

特ににんにくやニラなどは餃子やチヂミなどの身近な食べ物にも多く含まれているため、普段から口にする人も多いかもしれませんが、実はこれらの食材には口臭の元となるアリシンという成分が含まれています。

 

アリシンは疲労回復や血行促進効果などに期待できる成分ですが、摂取することで体の中でアリルメルカプタンという物質やAMSという物質に分解されます。

 

その中でもAMSはかなり強い臭いを発することで知られています。

 

そして摂取することでただ単に口から臭いを発するだけでなく、尿や血液中に溶け込むことで体の内側から臭いを発するため、結果として強い口臭の原因となります。

 

また、その他にもコーヒーやアルコールなどの飲み物や、ブロッコリーやキャベツなどの野菜も口臭の原因となります。

 

コーヒーが口臭の原因となる理由については未だはっきりとした根拠は発表されておらず、あくまでも仮説の段階ですが、一説にはコーヒーを飲むことによって唾液の分泌量が減ったり、コーヒーのカスが舌に残ることによって口臭が発生することになると言われています。

 

そしてアルコールには利尿作用があるため、飲むことによって口内が乾燥し、口内に雑菌が繁殖することで口臭の原因となると言われています。

 

その他にも、アルコールが肝臓でアセトアルデヒドという物質に分解された後にその物質が肺に到達し、呼気として嫌な臭いを発せられることも原因の一つとして挙げられます。

 

意外なのがブロッコリーやキャベツなどの野菜ですが、実はこれらの野菜を食べることで体内でインドールといわれる物質が発生します。インドールは強い臭気を発することで有名な物質なため、食べた後に歯磨きなどを行わないと強い口臭の原因となります。

口の臭いを消してくれる食べ物

梅干しやレモンなどの酸っぱいもの

 

梅干やレモンにはクエン酸と言われる成分が入っているのですが、実はこのクエン酸には強い殺菌効果があります。そのため、臭いの強い食べ物を食べた後に口に入れると効果的です。

 

また、クエン酸はレモンや梅干しの酸っぱさの元ともなっているのですが、酸っぱいものを食べると人の口内は自然と唾液が出てきます。口内が乾燥することは雑菌が繁殖することに繋がるため、雑菌の繁殖を予防する面でもレモンや梅干しは効果的です。

 

緑茶

他にも、緑茶は口臭に効果的です。普段から食事の際に飲んでいる人も多いかもしれませんが、緑茶にはカテキンが含まれており、カテキンにはクエン酸と同じく、殺菌作用があります。中でも急須で入れた緑茶は市販のペットボトルで販売されているものよりもカテキンの量が多く含まれているため、口臭を予防したいときは急須で入れた緑茶を意識して飲んでみると良いかもしれません。

 

牛乳

にんにくやニラなどの臭いの強い食べ物を食べた後におすすめなのが牛乳です。

 

慢性的な口臭への効果は薄いですが、牛乳はにんにくやニラなどに含まれる口臭の原因となるアリシンが体内に吸収されるのを防いでくれるため、効果的な口臭予防効果が期待できます。

 

にんにくやニラなどを食べた後は、個人差はありますが、約16時間ほど臭いが続くと言われているため、食事と一緒に飲むか、または食事の後に飲んでみることがおすすめです。

 

腸内環境を整えてくれる食べ物

腸内環境が良くないと口臭の原因となります。そのため、日頃から便秘や下痢などに悩んでいる人は腸内環境を整える食べ物を意識して食べることも効果的です。例えば、食物繊維が豊富な野菜やヨーグルトなどを積極的に食べる事はお腹の中のガスを効果的に抑えてくれます。

 

口臭を本気でなくしたいなら、口臭サプリを続けて飲むことをおすすめします。

 

自然由来の成分で体の中からしっかり口臭ケアができます。

 

>>人気の口臭サプリはこちら