口臭サプリに使われる乳酸菌について

口臭サプリ

乳酸菌は乳酸を生み出す細菌類の事を指し、ヨーグルトや乳酸菌飲料などのはっ酵乳やキムチ・糠漬けなどの漬物、味噌・醤油などの発酵食品に多く含まれています。こういった食品に使用される菌の種類の他にも、動物の腸管、人間の消化管や女性の膣内にも常在していますが、人間の体内に住むタイプの菌の事を善玉菌と呼びその働きの事をプロバイオティクスと呼んでいます。

 

乳酸菌の効果とは

口臭サプリ
効果は主に2つあります。

整腸作用

人間の体内で糖を分解し乳酸や酢酸などを作る事で腸の働きを正常化させ、善玉菌を増やし善玉菌が住みやすく悪玉菌が増えにくい環境を作り便秘や下痢を解消します。

 

免疫作用

これは小腸・大腸にある免疫にかかわる受容体を刺激し、腸の免疫を活発にする事で体内に侵入してくる有害な物質(ウイルス・細菌など)を攻撃・排除する役割を持つので生きている上では大変重要な作用となります。このように様々な効果を持つ乳酸菌は最近ではノロウイルス対策やインフルエンザ対策、風邪・病気の予防や改善にも良いとされていますし代謝アップ、アトピー・花粉症といったアレルギー症状にも有効だと言われています。また、コレステロール値を下げたり、老化防止、口臭を少なくするといった効果を持つ乳酸菌も人気がありますが、一言で乳酸菌と言っても1073・kw・r−1・l−55・lg21・ビフィズス菌・シロタ株など様々な種類がありますのでその用途に合わせて菌の種類を選ぶ必要があります。

 

例えば、アレルギーに有効な菌と言われるのが「kw菌」そして口臭サプリに含まれる口臭予防に効果的な菌が「ls1」という種類で口臭サプリとしてだけではなく歯周病の予防やお子さんの虫歯予防にもおすすめな菌です。

 

乳酸菌の副作用について

口臭サプリ

乳酸菌は体内にも存在し、体外から摂取する際は食品として摂取します。ですからお薬ではないので副作用というものはありません。しかし、サプリ等の場合一緒に添加されている成分がお薬と反応する事もありますので病気の治療でお薬を飲んでいる方は一度医師に相談してみると良いでしょう。また、菌によってはあまりに大量に摂取するとお腹がゆるくなったり、お腹がゴロゴロしたり、体質によっては乳製品に過剰に反応してしまう方も居ますので要注意です。

 

乳酸菌摂取における注意点

口臭サプリを始め乳酸菌を摂取する際の注意点としては、菌が胃酸によって打撃を受ける事もあるので出来れば何かを食べた後の胃酸が薄まっている状態で摂取されると良いでしょう。また、乳酸菌は熱に弱い為高温のお湯や飲み物と一緒に服用しない事や病原菌を始め色々な菌を撃退する効果がある抗生物質と一緒に飲まない事が大事です。

 

>>口臭サプリランキングはこちら