フィトンチッドとは

フィトンチッドとは元々ロシア語が語源となっていて、フィトン=「植物」チッド=「他の生物を殺す能力を有する」という意味をそれぞれ持っています。これを総合して考えるとフィトンチッドというのは「植物から出る抗菌作用をもつ揮発成分」ということになっていて、もっと正確に言えば微生物の活動を抑制する作用を持っている樹木などが発散する化学物質のことを指しています。

 

フィトンチッドは樹木などの植物が自分自身に傷をつけられた時に放出されるようになっていて、その効果で傷口から感染しないようにすることができたり害虫を寄せ付けないようにすることができます。つまり簡単に言ってしまえば、自衛するための対策として植物が用いているものということです。

 

フィトンチッドの効果

口臭サプリ

フィトンチッドが持っている効果としては上記で説明したとおり、殺菌作用というものがあります。しかもこの殺菌作用を含んでいる化学物質は微粒子なのであらゆる病原菌に吸着することができるという効果も持っていて、それによって病原菌の働きを阻害することができるようになっています。

 

しかも病原菌の殺菌以外にも空気中のにおい物質と接触して消臭反応を起こすという効果もありますし、口臭サプリとして利用することで口の中の臭いの原因となる病原菌も退治することができるようになっているのです。

 

口臭サプリとして使う場合は口臭だけではなく虫歯や歯周病の原因も除去することができるので、さらに魅力的な効果ですよね。

 

フィトンチッドの副作用について

口臭サプリ

ここまでで非常に魅力的なものとして紹介してきたフィトンチッドのさらに魅力的なポイントとしては、副作用がないというところが挙げられています。なので口臭サプリとして人体に取り込んでも悪影響はないですし、それ以外にも消臭や殺菌アイテムとして万が一体内に取り込んでしまっても問題はないということになります。

 

と言うのもそもそもフィトンチッドそのものが化学物質ではあるのですが、植物由来の天然成分でできているから人体に取り込まれても影響がないのです。なので成人はもちろんですが、小さなお子さんや高齢者の人たちが体内に取り込んでしまっても、副作用などの問題は起きないので安心して使うことができます。

 

※服用における注意点

 

ただし服用する場合にはいくつかの注意点があり、まずは殺菌作用が強いと言っても万能ではないので効果がない病原菌があるという点があります。口臭サプリとして使用する場合も口腔内の細菌に対しては効果があるのですが、基礎疾患や病原菌以外が原因である場合には効果がないのでその場合は基礎疾患の治療など別の対策が必要になります。

 

>>口臭サプリランキングはこちら