タバコで口臭が悪化する原因について

口臭サプリランキング

 

タバコは火をつける前はほとんど臭いを発しません。口から吸うことで口臭が悪化する原因は、タバコに火がつくことで発生する煙が臭いの元となっているからです。

 

この煙には主に、ニコチンとタールという2種類の成分が含まれております。

 

ニコチン

まずニコチンは、タバコへの依存度を高める原因物質とされ、中枢神経などに作用します。喫煙をすると肺で吸収し、そこから全身へと広がっていきます。その際、血圧の上昇や毛細血管の収縮などの症状がニコチンの作用によって引き起こされます。

 

当然ながら血液の循環機能は下がり、唾液の分泌量も減少します。唾液が口の中から減ってしまうと口腔内における酸素濃度が低下し、嫌気性菌が活性化して歯垢の分解を始めます。すると揮発性硫黄化合物が発生して不快な口臭へと繋がります。

 

タール

タールは通称ヤニとも呼ばれ、独特な臭いが発生します。成分の中にはアミン類やベンツピレンといった物質が多量に含まれています。喫煙後にタバコのフィルター部が茶色く変化する理由はタールによる影響で、人体では歯や舌、歯石等にも付着します。

 

タールが口内に残ることで臭いも残留し、それが口臭を引き起こします。さらに胃や肺にも付着することがわかっており、健康被害を及ぼす危険性も指摘されています。

 

また、これらの成分以外に一酸化炭素も口臭悪化の原因になります。

 

一酸化炭素

一酸化炭素は血液の中で酸素を体全体へ運搬する働きを持つヘモグロビンと結びつくことで体内での酸素濃度を低くしてしまいます。すると口腔内の酸素濃度も下がるため、ドライマウスが起きて口臭が発生してしまいます。

 

このように口臭の原因はタバコに含まれる成分によるものが大きく、長期間の喫煙により口腔内に臭いが移るだけではなく、体質そのものも変化させてしまいます。毎日何気なく吸っているタバコが、少しずつ体全体を蝕んで口臭を悪化させているのです。

タバコによる口臭悪化を防ぐポイント

タバコを吸う時に同時に飲料水を飲む人も少なくはないでしょう。

 

ただ飲み物によっては臭いを増幅させてしまう恐れもあるため、注意しなければいけません。

 

中でもコーヒーは利尿作用が高く、それにより体内の水分量が減少します。すると唾液も減ってしまうので、口臭が発生するリスクが上昇するというわけです。

 

コーヒー以外に紅茶や緑茶も避けた方が無難です。

 

一方で抹茶や乳飲料、ココアといった糖質が多く含まれる飲み物も口腔内に残留しやすいため、舌や歯のタール量が増加する危険性があります。喫煙する際は水など利尿作用や糖質の少ない飲み物を飲むようにしましょう。

 

喫煙後にできる対策としては、タールを口腔内に残さない予防法と、唾液の分泌量を増やす方法が挙げられます。これらは舌磨きや歯磨き、水分補給などにより簡単に実践できます。

 

口臭サプリランキング

舌磨きのポイント

まず舌磨きですが、舌に歯ブラシを直接当てると表面が傷つき、逆にそれが口臭の原因となる場合もあるため避ける必要があります。舌を磨く際は表面に口腔用の保湿ジェルで満たした舌用のガーゼやスポンジを用い、優しく拭き取ると清潔を保てます。

 

口臭サプリランキング

歯磨きのポイント

歯磨きは香料が多く含まれた歯磨き粉の使用を避け、なるべく無香料のものを選んでください。歯ブラシの使い方としては、表面以外に歯茎の間や歯間といった歯垢が蓄積しやすい箇所を念入りに磨きましょう。

 

水分補給は紅茶やコーヒーなど色素が強めで歯に付着する可能性が高いものは避け、水か白湯がおすすめです。うがいをする時も同様に香りが強いものは控えるべきでしょう。

 

馴染んでしまった生活習慣を突然一気に変えることは難しく、また変えたとしてもストレスを感じてしまい長続きしません。1本吸うごとに1回、どれかしらの対策法を試してみましょう。毎日少しずつ続けていくことで、口臭の変化を実感していくことができるはずです。

 

また、当サイトでは口臭対策に口臭サプリをおすすめしています。

 

口臭サプリは、口臭予防に効果的な成分で作られているサプリメントです。もちろん体には無害です。薬ではありませんから基本的にどなたでも活用していただけます。

 

口臭サプリランキングであなたにぴったりの口臭サプリを見つけてくださいね!