オリゴ糖について

オリゴ糖というのは糖類の一種です。オリゴというのはギリシャ語で「少ない」という意味なので、日本語では少糖類と呼ばれています。具体的にはブドウ糖や果糖といった、単糖類と呼ばれるものが複数つながってできているもので、元々は母乳の研究から発見された成分です。

 

砂糖に比べてカロリーが低く、また人間の体にはオリゴ糖を分解するための酵素がありません。そこで、摂取しても胃や小腸では分解されず素通りし、そのまま大腸に届けられるという性質があります。これらを利用して、口臭サプリとしても使われています。

 

オリゴ糖の効果とは

口臭サプリ

人間の大腸までそのまま届くという性質を利用して、オリゴ糖は腸内環境を整えるのに役立っています。お腹の調子を整える効果は国にも認められており、特定保健用食品に表示が許可されています。

 

具体的には、乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌を生きたまま腸に届けたり(プロバイオティクス)、既に腸に住んでいる善玉菌に栄養を与えることで活性化させ、善玉菌を増やす(プレバイオティクス)という方法があります。腸内環境のバランスを整え、善玉菌優勢にすることで腸内が清潔に保たれ、結果として口臭の解消に役立っています。

 

また腸内環境が整えられることで便秘解消にも役立ちます。これは昔から知られていた効果です。これは、母乳で育った赤ちゃんは、人工的な栄養で育った赤ちゃんよりも下痢などの病気にかかりにくいことから発見された効果です。便秘に伴う腐敗臭のような口臭を予防することができるのです。

 

このほか、砂糖に比べてカロリーが低いことからダイエット効果もありますので、肥満に伴う口臭も予防することができます。

 

これらの効果とまとめると、オリゴ糖は口臭サプリとして極めて有効であることがわかります。

 

オリゴ糖に副作用はある?

口臭サプリ

オリゴ糖そのものには危険性はありません。母乳にも含まれる安全な栄養素なのです。

 

しかし、1日に大量に摂取してしまうと悪玉菌が大量に死滅し、その際の反応が私達の体に悪影響を及ぼしてしまうことがあります。具体的にはガスが溜まったり、胃の部分に不快感を感じたり、腹痛、下痢とった反応があります。これらは一過性のものであまり気にする必要はありませんが、症状が辛い場合は摂取量を少なくしたり、水分を多めにとったりするなどしましょう。

 

※服用における注意点

 

先にも述べたとおり大量に摂取するとかえって逆効果です。1日5〜10グラムの摂取が効果的と言われており、逆に5グラム以下だと効果がほとんどありません。

 

>>口臭サプリランキングはこちら