お酒を飲むと口臭がきつくなる原因

口臭サプリランキング

アルコールによって口臭が強くなる原因のひとつに、アセトアルデヒドと呼ばれる物質の存在が挙げられます。

 

この物質は肝臓でアルコールが分解される際に発生するものであり、毒性の強い物質とされています。

 

通常は分解の工程によって無毒化されるのですが、分解が追い付かないほどの大量のアルコールを飲んでいたり、肝臓の機能が弱っていると完全に無毒化するために時間を要してしまうのです。

 

すると、無毒化できなかったアセトアルデヒドが血液に乗って口臭を強くすることはもちろんのこと、体臭までも発生させてしまいます。当人からすると気が付きにくい臭いではあるものの、周りからするとアルコール臭さや酸っぱい臭いを感じやすいです。

 

なお、アセトアルデヒドは毒性が強いために、臭いの発生原因になるだけでなく、二日酔いをさせてしまう原因にもなります。

 

ですから口臭が強くなったり二日酔いで調子が悪くなったりしてしまうのは、アセトアルデヒドの毒性に影響を受けている証拠と言えるでしょう。

 

アルコールが持つ利尿作用によるもの

沢山のお酒を飲むとトイレが近くなってしまいますが、これは利尿作用が促進されてしまうからです。そして排尿の回数が多くなると体内の水分量も少なくなってしまいますので、必然的に口内も渇きやすくなってしまいます。

 

本来、口内は唾液によって潤っていることで口臭がしにくくなっているのですが、これは唾液に抗菌作用があるからです。ところがその働きが弱くなってしまうことで、口内でも雑菌が繁殖しやすくなり口臭も強くなってしまいます。

 

ちなみにアルコールは揮発性が高い成分であり、蒸発する際に口内の水分も一緒に奪ってしまうのも口臭を強くする理由です。

 

肝臓への負担を大きくしてしまうことで口臭が強くなることもあります。

 

日頃からアルコールを摂取していると負担増を引き起こしますが、疲弊した肝臓は本来の機能を発揮させることができません。

 

肝臓は代謝を促したり解毒をするなどの大事な役割がありますが、その機能が弱くなると毒素の分解を上手くできず、時にはドブ臭さやアンモニア臭などを発生させてしまうのです。

アルコールによる口臭悪化を防ぐポイント

アルコール摂取量を抑える

アルコールによる口臭悪化を予防するために、最も効果的なのは摂取量を控えることでしょう。根本的に量を減らすようにしないとどのような対策をしても改善は難しいです。特に普段から沢山の摂取をしている人ほど口臭発生のリスクも高くなってしまうため、意識的に飲酒量を抑える必要があります。

 

また、単に口臭予防のためだけでなく、肝機能を健康に保つためにも大事なことです。肝臓に負担をかけ続けてしまうことで、肝炎の発症をはじめ最悪の場合は肝臓ガンの発生リスクまでも高めてしまいます。過度の飲酒にはそれだけのリスクがありますので、健康のためにも飲み方の改善を意識することは必要と言えるでしょう。

口腔ケアをしっかり行う

口内のケアをしっかりと行うのも有効です。口臭は口内からきていることも多いですから、ブラッシングやマウスウォッシュなどを徹底して行うことが大切と言えます。完全に口臭を消すことは難しいものの、ある程度の臭い軽減にはなります。

 

口内の唾液量を増やす

口臭予防のためには唾液の分泌量を高めることも大切です。例えばキシリトールガムを噛むのも有効であり、咀嚼を沢山することで唾液の分泌を促すことができます。

 

また、唾液を出すために唾液腺を刺激するのも良いでしょう。例えばアゴの骨の内側の柔らかいところを、親指で指圧することで唾液腺を刺激して口内を潤いやすくさせることができます。

 

口臭を軽減する働きのあるサプリメントを活用する

消臭成分が含まれていますので、飲むだけで臭いの抑制に期待ができるのです。手軽に活用できるグッズですので、お酒のお供としてもよく利用されています。
>>おすすめの口臭サプリはこちら

 

肝機能を高める

肝臓の分解性能を高めてあげることで口臭の発生を予防しやすくなります。
肝臓を丈夫にするためには、食生活を改善することをはじめ、ストレスを溜めない、適度な運動を心がける、禁煙をするなどが有効です。反対に言えば、こういった部分に乱れがあることで肝機能が弱くなってしまい口臭も強くなりますから、普段の生活を見直してみることが大切と言えます。